ペットを飼っている人は、病気がケガのために動物病院を利用する機会があるはずです。ペット保険へ加入していない場合は全額自己負担となり、高い診療費に驚くこともあります。最近ペット保険の加入率が高まっているのは、高額な治療費や手術費用が影響しています。
最近は、犬や猫だけでなく、他の動物も対象となるペット保険が登場しています。鳥や爬虫類であっても対応してくれる保険があるのです。年間診療費が高いと感じている人は、ペット保険について調べてみるといいです。
年間にして、約3万円~4万円程度の保険料で、様々な保障を受けられます。診療費はもちろん、手術費用を負担してもらうことも可能です。まずは自分のペットにかかっている治療費などを計算してみることです。
日本における飼い主の動物病院の利用率を年単位で見ていくと、手術診療費に関する情報が見えてきます。どんな手術にどれくらい費用がかかるか紹介していきます。
手術診療費の平均額は、15万円前後となっています。主に犬や猫に関するデータなので、その他の動物はもう少し安くなる場合もあります。
膝蓋骨脱臼や骨折の場合、小型犬でも17万円くらい必要です。椎間板ヘルニアなど大きな手術になると、27万円前後の治療費が必要なのです。