最近注目されている保険に、ペット保険というものがあります。飼っている犬や猫などのペットにかける保険で、保障内容は商品ごとに異なっています。
国外では広く普及している保険で、加入している人も多いのです。日本国内ではまだまだ浸透しておらず、加入している人は少ないです。しかし、保険商品の数が増えていますので、今後増加すると見込まれています。
ここでは、ペット保険の加入率について述べていきます。世界と比較してみて、どのような違いがあるのか見ていきます。
最も加入している確率が高いのは、スウェーデンです。犬を飼っている人の約78.4%が保険加入しています。次に高い国はイギリスで、ペットを飼っている人の約20%が加入しているのです。それに比べて国内の場合は、保険加入している世帯は、平均でわずか4%程度しか加入していないという結果が出ています。
なぜ国内で浸透していないかというと、2000年頃登場したペッと保険は、法制度が整っていない状況で始められたからです。保障内容が明確でなかったり、保険料の相場が曖昧であるという特徴があり、信用されていませんでした。
しかし、現在ペット保険を扱っているところは、保険業の免許を取得している業者のみです。前よりも保障内容が充実しており、加入する人の数は上昇傾向にあります。