ペット保険はペットが病気で通院したり、手術をしたりした場合に保険金が貰えます。各保険会社で内容が違っており、多くは実費に対してあらかじめ設定されたパーセンテージが補償されるようになっています。50パーセントのプランと70パーセントのプランを用意しているところが多いですが、限度額を決めたプランを用意し、そのプランの限度額内であれば100パーセント補償する保険会社もあります。
例えば実費の70パーセントを補償してくれるプランで通院や治療で10万円かかった場合、10万円の70パーセント、つまり7万円の保険金が貰えます。ただし1日あたりの限度額を決めている保険会社もあり、限度額を超えている場合は70パーセントに満たなくても、限度額までしか補償されません。手術給付金も上限金額を設定されている場合が多く、それぞれの限度額まで利用できます。
ペットの疾病以外にも、ペットが他人に怪我をさせたり物を壊したりしたときに利用できる特約がつけられるものあります。この特約では損害賠償責任を負った場合に、その賠償額を補償してくれるものです。1回の事故についてか年間でいくらまでと設定されていることが多く、500万円までか1000万円までの保険会社が多いです。