今やペットを飼う人口が増え、それに伴いペット産業も拡大しています。ペットは大切な家族の一員ですから、ペット保険に加入する方も増えているようです。 ペットを飼われている方なら、一度は動物病院へ行ったことがあるのではないでしょうか。人間と同じように、思いがけなく病気やけがをすることもあり、保険がきかない治療費は高額になることもあります。 もしもの時でも保険に加入していれば、慌てることなく安心して治療が受けられます。ペットは話ができないので、飼い主が体調不良にも、一早く気づいてあげることが大切です。 病院嫌いはペットも同様で、待合室で怯えているペットを多く見かけますが、小動物であればあるほど、その傾向が強いようです。1日も早く治療を受けて、元気な姿に回復させてあげるのが、飼い主の務めでもあります。 ペットの種類や年齢・保障内容をよく確認して、ペットに合った保険を選ぶ必要があります。保障期間は一定期間なのか終身保険なのか、支払限度額はいくらか、治療費の何%保障されるのかなど、選ぶポイントになります。 多くの保険が犬と猫に特化していますが、小動物や鳥・爬虫類などの対象も少ないですがあります。特約と合わせることで、更に保障をワンランクアップすることもできます。